JPFA

〒160-0004東京都新宿区四谷1-15 アーバンビルサカス8-C 3F

03-6909-7222 (11:00〜17:00 / CLOSED 土・日・月・祝)
お問い合わせ 資料請求

アレンジメントギャラリー

2015年3月~2015年4月

JPFA認定教室 Hanashin 主宰 甲斐 辰子先生

作品について

テーマ:
「トキメキの春」

寒かった冬も終わるころ、あちこちから春の精が奏でる愛の歌が聞こえてくる。そして、次々に花々を咲かせていく。こころトキメク春!
アレンジメントはバラを主役に葉物やラベンダー等でナユラル感を現し、トキメキの季節の到来を表現しました。

使用花材
  • フロールエバースタンダードローズ(フィーシャピンク)
  • フロールエバーメディアナローズ(ベイビーピンク・ピンクオパール)
  • プリザーピングビビアンローズ(ホワイトシャンパン)
  • プリザーピングアジサイ(グリーン)
  • パフフラワー(ラベンダー・アジサイ・シキミア)
  • リボン
  • コーヒ豆
  • スクエアガラス
  • プロフィール

    JPFA認定教室 Hanashin 甲斐 辰子先生

    2005年 九重町公立保育園退職
    2005年(8月) 日本プリザーブドフラワー協会ディプロマ取得
    10月にJPFA認定教室開校
    2006年(3月) 西日本新聞文化サークル開校
    JPFA 主催のデザインコンテストでは毎回のように入選。
    2011年~2013年 桂 由実パリコレクションでは会場装花を担当。
    2011年~ 福岡・大分の百貨店にアレンジ作品出店。
    現在は趣味のアレンジからプロや資格取得を目指すコースなど多彩です。

    協会コースを受講して

    私がプリザーブドフラワーに興味を持つようになったのは、今から10年ほど前、30年間勤務した公立保育園を退職した春のこと、福岡の百貨店でプリザーブドフラワーを見て、「生花と変わらない美しさ」、また、アレンジメントは生花やアートフラワーとは違って、今迄にないデザインを見て素敵だなと思いました。このことをきっかけに、自分のお花の道を探し、色んな教室に問い合わせ、「ここなら自分に合っている」と思って資格取得を決めたのが、日本プリザーブドフラワー協会でした。2005年にデェプロマコースを取得しました。

    その後は、認定教室開校に向けて数々のクラスを受講し、プロとして頑張ってきました。JPFAに出会ったことが、大きな転機となりました。 これからも、一人でも多くの方にお花の素晴らしさを伝えていければと思っています。

     

    PAGE TOP